銀行系のキャッシングのメリットはここにある

昔のキャッシングといえば、消費者金融を利用するのが普通でしたが、現在では銀行からも手軽に借りられる環境が整っています。便利なカードローンによるキャッシングが可能とあり、どちらを選んでも構わないようなイメージがありますが、実はキャッシングおすすめでもある銀行系こそのメリットが存在します。
最もメリットとして大きいのが、金利の低さです。多くの銀行系カードローンで、最も高い金利でも15%を切るようになっています。これが消費者金融であると、18%近くの設定になっており、その差はなんと3%もの開きがあります。
この金利の高さは、返済時に含まれる利息の大きさであらわれるようになります。金利が低いほど利息が抑えられることから、消費者金融よりも無駄なくお得にお金を借りられる魅力を持っています。借入期間が長いほど、借入金額が多いほど、この金利差が顕著にあらわれることを知っておきたいところです。
総量規制の対象外であるというのも、ポイントです。借り入れを希望する人の年収3分の1まで借りることができるという法律です。これ以上の融資ができないため、総量規制が適用される消費者金融だと、多額の借り入れがしにくくなります。銀行系ならば、総量規制に関係なく、お金を借りることができます。収入が全くない専業主婦であっても、条件次第でカードローンの申し込みを、割とすんなりと受け入れてくれます。
総量規制がないおかげで、収入証明書の提出条件が緩くなっているのも魅力です。